Vray レンダーセッティング

本家サイトで紹介されてるセッティング、他のチュートリアルを見ると、微妙に違うが
一定のクオリティーになるので、理解する土台になる。


Universal  settings 汎用セッティング
レンダクォリティーを調整する箇所が少なくて済む
でかいサイズの画像に使える
概して高いクオリティになる
欠点
レンダリングスピードが遅い

設定
image sampler : AdaptiveDMC
Adaptive DMC : Max subdivs 100
Primary Bounces : Brute Force
Secondary Bounces ; Light cashe
 Light Cashe Filter Samples : 5
DMC Sampler Adaptive Amount : 0.95
Adaptive Threshold : 0.005
Color mapping Clamp output : turn off
linear workflow : turn on
Subpixel mapping : turn off

ネーダルホルストセッティング 
http://www.spot3d.com/vray/help/maya/150R1/vray_for_maya_primer.pdf

レンダリングが早く比較的綺麗、プレビュー用に使用
テクスチャ毎に逆ガンマをかけなくて済む

設定
image sampler : AdaptiveDMC
AA filter type Gaussian size 2.500
Adaptive DMC : Max subdivs 4
Primary Bounces : Brute Force
Secondary Bounces ; Light cashe
Light Cashe Filter Samples : 5
use light cache for gossy rays : turn on
DMC Sampler Adaptive Amount : 1
Adaptive Threshold : 0.01
Color mapping  linear multiply Gamma 2.2
dont afect colors : turn on
linear workflow : turn on

追記
Primary BounceがBrute Forceになっているが普通はIradiance mapに切り替える。
これを設定してまだジラ付く場合はライトのSubdivの値が低い場合がおおい
建築CGの知り合いに言わせると
「ライトのデフォルト値は8だが、最低でも24、理想をいうと50」
とのこと、この項目もレンダリング時間に関わるので、状況に応じて操作するのがいい