リテイクメモ

引用、だがとても正鵠を得ているで転載

http://ryowaks.blogspot.jp/2012/07/giving-and-receiving-effective-critique.html

//////////////////////////////////////////////////////

クリティークを人にするとき:

Do
どの段階なのか聞く
目的・方針を理解する
ポジティブとネガティブを混ぜる
短く簡潔に
正直に
具体的に
本題から外れない
優先事項を作る
アーティストに感謝する
Don’t
要求されてないフィードバックをする
見て考えもせずに話し始める
酷い無礼な態度で応じる
Actingに関することとAnimationに関することの違いを忘れる 


クリティークを人にしてもらうとき:

Do
ノートを取る
提案はまず受け入れる姿勢をとる
どこに注目して欲しいのか提示する
考えを共有する
質問をする
提案を採用するか決める
クリティークに感謝する
Don’t
突き放したり口論をしたりする
個人的なことを持ち出す
言い訳をする
ずっと黙っている
フィードバックをずっと待っている

//////////////////////////////////////////////////////


自分の体験談だけれども、全くこれとは逆の経験をしたことが有る。
ゴールを全く明示されなかったので、どの段階のリテイクなの掴めずに
二度手間、三度手間のリテイクマラソンに陥った。