3dCoat デカールステンシルメモ

3dCoatでのデカールステンシルメモ

下記のリンクの動画の内容を要約
https://www.youtube.com/watch?v=avbLceOHWyg

方法は3つ
・ブラシに登録する
・SplineImageTools(スプライン画像ツール) を使う
・PBRマテリアルを作成してステンシル的に使う



ブラシに登録する
・ブラシパレットで(New)を押して、任意の画像を選択
・Eボタンを押しストローク方式を選択(ここでは可動ブラシのスタンプモード)
・色味を画像そのまま使いたいのならばカラーのアイコン上で右クリック(☓になりカラーがオフになる)、もしくわ白にすると可能


SplineImageTools(スプライン画像ツール) を使う
・ツールオプション>カラーテクスチャ>画像選択
・ジオメトリ上で2点間を指定する、カーブさせたいときはライン上(ブラシアイコンが緑になる)をクリック
・Enterで適用する


PBRマテリアルを作成してステンシル的に使う

・マテリアルタブ>New>カラーテクスチャに任意の画像を選択>マテリアル名を決めて保存
・プレビュー設定ウィンドウが出るはずなので、そこの「カメラから」に変更
・画像操作のHUDは右クリックでオンオフができる

3dcoatでのペイントメモ

3dcoatでのペイントメモ

編集>外部エディタで編集
この機能で連携できるソフトは以下を確認
ClipStudio
Photoshop

クリッピングマスクは合成タブにある
PSDのベクトルマスクは持ってこれないのでクリッピングマスクを用意しておいたほうがいい

マップの読み込みはドラックアンドドロップでも持ってこれる


正方投射ビューのショートカットは[5]

PhotoShop ショートカットでの彩度色味調整メモ



明度と彩度を±10づつ上下させるスクリプト

左手が届く範囲にショートカットを割り当てれば、視線を外さずに調整できる。
jsxでつくったけどjsにすればCS2でも動作した。

プログラムファイルのphotoshopフォルダに有る「Presets¥Scripts」にいれる







以前にも似たようなのが、あったけれどCC2015だと挙動がおかしい、直そうとしても、中身がコンパイルされいて自由度がないと、いまいち使い勝手が悪い。
http://blog.darkwark.com/lightenDarken/



download


補足
JSXでもCS2で動作確認

シェーディング・マテリアルに3倍早くアクセスする方法メモ

シェーディング・マテリアルに3倍早くアクセスする方法メモ

通常の方法だと
 1.ハイパーシェード開く
 2.Graph Material on selected objectを押す
 3.workareaに表示

の手順で、かつハイパーシェード自体も重い

なので

選択したオブジェクトのマテリアルをノードエディタ-で表示させるものを作った。

ウィンドウ起動がとても軽くて良し。



3dcoat Applink メモ

3dcoatと他のソフトを連携させるプラグインメモ

Maya上のモデルをペイント、UV展開、リトポ目的で一発で3dcoatで持ってこれる


導入手順


  • プラグインをダウンロード
  • インストール(解凍した中身を指定の場所に設置する)
  • Maya上で3dCoatのイントールパスと設定ファイルの場所を指定



・ダウンロード
http://3dcoat.com/download/applinks/

・インストール

Zipフォルダの中に3つのフォルダがるので、それぞれの中身を指定の場所に置く
Shelves
icon
Plugins

C:\Program Files\Autodesk\Mayaxxx\bin\plug-ins
にPluginsの中身を
C:\Users\xxxx\Documents\maya\xxxxx\prefs
にShelvesとiconを


Maya上でシェルフタブ右端の設定アイコンからバージョン指定を行う










補足
APPlinkの設定ファイルがV4のところに置かれているみたいでここらへんを帰ると動かなくなったりするので、注意
だが逆にうまく動かない場合ここに原因があることが多い

自分の場合はデフォルト設定がV4で3dcoatがV4.5だったので最初は3dcoatが立ち上がるだけだった

複数オブジェクトのアトリビュート値を変更する

複数選択オブジェクトの一括でアトリビュート値を変更するメモ
アトリビュートエディター内の大体がいじれるので、覚えているとけっこう便利


表示をオンにする
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
string $sel[]=`ls -sl`;
for($i in $sel)
{
setAttr ($i+".visibility") 1;
}
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コンストレインなどオブジェクトA、オブジェクトBなどをコネクションするときには以下の文

toolメモ

OLMオープンツール

http://olm.co.jp/rd/technology/tools/

OLMSmoother
NoiseDeformer

あたりを試してみたいなぁ

mayaでランダムに選択するメモ

mayaでフェースやポイントをランダムに選択するメモ

ビルの窓やレンガ壁などの形状は同じで大量にあるものの、テクスチャのパターンをランダムに割当たいときに使う

[button]

select>slect using constraints


[手順]
任意の選択モードにする
select>slect using constraintsを押し
constrain>all and next チェック
ramdom>active チェック


補足

all and next だと全自動だけれども
Next Selectionだと手動選択したものだけで率は固定、一部をランダムに選択した場合に使うみたい

任意のオブジェクトの置き換えメモ

任意のオブジェクトの置き換えメモ

Modfy>Replace Objects

これで差し替えができる

使いドコロは、建物など大量のインスタンスコピーを使用している場合に
インスタンス元にたいしこれを適用させてやるとシーン全てのオブジェクトを置き換えてやることができる。